FC2ブログ

震えその後。

やはり家の振動がすこしだけ気になる。動いていたのは生ゴミ乾燥機。24時間換気は止めていた。もうここまできたら考えすぎ?
建設会社の担当の方たちとも電話で話してても私の言い分を「疑ってる?」かも。
なんだかなぁ。いろいろ考えなくてはならないかもなー。この家を手ばなすとか・・・。
そんなことにはなりたくないなぁ・・・と思いながら実家へ。

母には悩み相談していたけど父には一言も話してなかったので意を決して話してみた。
もしも、もしも万が一実家に戻ってきても良いか。

父は、戻ってくるのはいいけど家は「売れ」。
貸すとか考えるな、と。たぶん築浅だから売った方が良いってことなんだろうけど。
たまたま建築会社の方から電話がきたのでそのことを少し話した。驚いてた。

その後、入浴しつつじっくり考えた。お風呂を上がってとりあえず自宅に帰宅。
戻ってみると家がシーンとしているような気がする。

24時間換気を切って出たからだと気づく。震えが無い。
それまでは切ってすぐに「まだ震えてる」とか言っていたけど、たぶん家全体の振動は時間が経ってようやく止まったんだろう。その夜は自宅で気分よく0時過ぎまでテレビを見て起きていた。

こないだまではのんびりテレビを見ていても震えていたので、本当に気持ちよかった。
やっぱりこのままここで暮らしていける、そう思った。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

 携帯からもどうぞ

QR
sidetitleカレンダーsidetitle
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
sidetitle NEW ENTRYsidetitle
sidetitle いらっしゃいませsidetitle
sidetitle プロフィールsidetitle

kaduriye

Author:kaduriye
ようこそようこそ!

風花.netの日々logです。「stroll」は「そぞろ歩き」の意味でつけました。日々の雑多なできごとをポツポツと綴っております。旅行好きで写真を撮ること見ることが大好きです。

2009年のクリスマスに急性前骨髄球性白血病(M3)と診断され約半年の入院治療後、退院し自宅療養。
2010年年末に再発が確認され、再度約4ヵ月入院し再寛解に。自家移植のため地元を遠く離れて札幌の大学病院にて入院。
自家移植に成功し、2016年の7月に寛解を迎え血液内科を卒業しました。
2018年の年末、糖尿病と診断。必死のコントロールを始めます。

sidetitle カテゴリーsidetitle
sidetitle コメントsidetitle
コメントありがとうございます♪

openclose

sidetitlesidetitle
sidetitle Twitter...sidetitle

過去のつぶやきはついろぐ

Twitter Reload

sidetitle 月別アーカイブsidetitle
sidetitle 急性前骨髄球性白血病sidetitle
sidetitlesidetitle
sidetitle 再発からsidetitle
sidetitle sidetitle
sidetitle 自家移植からsidetitle
sidetitle 閲覧人数♪sidetitle
ただいまの閲覧者数は人です
sidetitlesidetitle
www.flickr.com
kaduriye's items Go to kaduriye's photostream
sidetitle リンクsidetitle
sidetitle ブログ内検索sidetitle
sidetitle RSSフィードsidetitle
sidetitle フリーエリアsidetitle
free counters
sidetitle FlipClipsidetitle