FC2ブログ

カムイルミナに行ってみた。

カムイルミナ公式ページ

予約は20時だったけど、はやくに食事が終わったのと、雨がひどくなりたくないってことで、ダメもとでスタート場所に行って「空いていたらはやくに出発させてくれないか」と尋ねてみた。

幸い雨だし空いていて7時半過ぎに出発できた。

スタートは遊覧船の乗り場。花ゆう香からだとホテルを出て歩いて2分。走って30秒?(笑)

190815_d006.jpg

出発前に同時刻出発組に係りからの説明があり、その後松明に見立てたような杖を渡される。これが意外にも「重い」。ツアーの最後の頃には持つ腕が疲れてきた。2kgはあるような気がする。これを使ってリズムをとったりするのが真骨頂かもしれないし雨の土の道をあるくには必要でもあるけど、もう少し軽いとありがたいなぁ(^^ゞ

さてスタート。

190815_d007.jpg

ポッケ遊歩道のある岬の小さな森がそのステージになり、入り口のゲートから物語がスタートする。ライトアップやプロジェクションマッピングは短いものがループするので、途中から聞いちゃったよ、と思ってもつぎのループまで待てばまた頭から参加できる。

190815_d008.jpg

いよいよ入り口からスタートだ。出発の組に定員があるらしいからガイドさんがつくのかと思ったら自由に歩いていくというスタイルで、足に自信がなかった私としてはほっとした。たぶん人数が多すぎると体感しづらいので人数制限する意図があるんだろうね。ところどころに係員の方がいて、故障した杖の交換や足元への注意喚起の声掛けをしていた。

こんな感じであの杖は夜道を照らすライトの役割も果たす。前の人がいてくれるとより歩きやすい。アナウンスにもあったけど、国立公園内の遊歩道は木道は少しであとは木の根が曝露した場所もある土の道。うっかりつまずきそう。それに雨降りはぬるつく場所もあってこのライトがありがたい。

190815_d009.jpg

ふくろうがストーリーテラーとそして行先案内人としてところどころで「声をかけてくれる」。

190815_d010.jpg

私たちはカケスが飛ぶ方向へ歩き、何カ所かあるストーリーを見ていくことになる。

ここはマリモに反応して私の松明も緑色に変化。

190815_d011.jpg

そう、こんな感じに箇所箇所でライトがかわり、そしてずっと内蔵されたスピーカーから音声が流れる。「だから重い」んだ。この杖は。

中盤のこの場所。すっごくきれいだった。

190815_d012.jpg


iphoneでずつと撮影しつつあるいたけれどこのブログに載せるためには補正しなきゃならなかった。それくらい写真は真っ暗。だけど実際の目にはこんな感じに見えていたんだ。

190815_d013.jpg

木々の揺らめきに照らされたライトがとってもきれいだった。

そんな中を歩く人たちもなんだか一体化して幻想的。

190815_d014.jpg

雨だったこともいい影響だったかも。みんなが白いレインコートを聞いてたから、まるで森の小人のような雰囲気すらあって。

終盤の森の中のライティングとレーザーのところ。
これもまた荘厳な感じ。
私はちょっとばかし足の裏にいたいところが出てきててしたばっかり見て歩いてしまいそうになってたんだけど、ここで小休止。

190815_d015.jpg

190815_d016.jpg

最後までやっとついた。だいたい1時間くらい歩いた。

190815_d017.jpg

途中、何カ所かで杖をトントンと地面についてリズムをとる参加型ツアーなので、杖の重さはそれが効いた(笑)腕ダルダル。

疲れたけど、アイヌの民話をもとにしたこのツアーは内容もあるし楽しめた。雨のツアーもなかなかだった。

この後、すっかり冷えた体を温めるべく温泉へ。
うん、夜だし行きたくないなーとか最初は思っていたけど行ってよかった♪
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

 携帯からもどうぞ

QR
sidetitleカレンダーsidetitle
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
sidetitle NEW ENTRYsidetitle
sidetitle いらっしゃいませsidetitle
sidetitle プロフィールsidetitle

kaduriye

Author:kaduriye
ようこそようこそ!

風花.netの日々logです。「stroll」は「そぞろ歩き」の意味でつけました。日々の雑多なできごとをポツポツと綴っております。旅行好きで写真を撮ること見ることが大好きです。

2009年のクリスマスに急性前骨髄球性白血病(M3)と診断され約半年の入院治療後、退院し自宅療養。
2010年年末に再発が確認され、再度約4ヵ月入院し再寛解に。自家移植のため地元を遠く離れて札幌の大学病院にて入院。
自家移植に成功し、2016年の7月に寛解を迎え血液内科を卒業しました。
2018年の年末、糖尿病と診断。必死のコントロールを始めます。

sidetitle カテゴリーsidetitle
sidetitle コメントsidetitle
コメントありがとうございます♪

openclose

sidetitlesidetitle
sidetitle Twitter...sidetitle

過去のつぶやきはついろぐ

Twitter Reload

sidetitle 月別アーカイブsidetitle
sidetitle 急性前骨髄球性白血病sidetitle
sidetitlesidetitle
sidetitle 再発からsidetitle
sidetitle sidetitle
sidetitle 自家移植からsidetitle
sidetitle 閲覧人数♪sidetitle
ただいまの閲覧者数は人です
sidetitlesidetitle
www.flickr.com
kaduriye's items Go to kaduriye's photostream
sidetitle リンクsidetitle
sidetitle ブログ内検索sidetitle
sidetitle RSSフィードsidetitle
sidetitle フリーエリアsidetitle
free counters
sidetitle FlipClipsidetitle