FC2ブログ

生き方、死に方。

今日のYahooニュースにこんなのが掲載されていた。



ヒトの臓器もった動物の出産、解禁 文科省が指針改定(Yahooへリンク)

3/4(月) 6:50配信 朝日新聞デジタル

 動物の受精卵が成長した胚(はい)に、ヒトの細胞を注入した「動物性集合胚」の取り扱いについて、文部科学省は1日、より幅広い研究ができるように指針を改定した。禁じられていた動物性集合胚の動物への移植や、この胚を使った出産が可能になる。動物の体内でヒトの臓器を作る研究が国内でも本格化するとみられる。ヒトの子宮への移植や、この方法で生まれた動物の交配は禁じる。

  改定で、例えば膵臓(すいぞう)ができないようにしたブタの胚にヒトのiPS細胞を注入後、胚をブタの子宮に移植し、ヒトの膵臓を持つ子どものブタを作れる。

  将来的には、この方法で作った臓器を取り出し、治療目的でのヒトへの移植も検討されている。ヒトと動物の外見が混じった個体が生まれる可能性は、極めて低いとされる。


タイトルだけでは「何を言ってるの?」とリンクに飛んだ。

読んでいてなぜか涙が出てきた。人間がやることがどこまで許されるんだろうと不安になったからだと思う。


人間が生きるためにすること。人間が生きるためなら動物は死んで当たり前なんだろうか。


じゃあアンタが病気で死ぬとしてそれでいいの?アンタの大切な人が死ぬとしてもそれでいいの?アンタの子供が先天的に臓器に病を持っていても?そう問われるかもしれない。


確かに私が言ったことは倫理的には正論かもしれない。人間が生きるために死ぬのは私たちが日ごろ食べている動物も同じと言えば同じなのかもしれない。正論が正しいわけではないかもしれない。・・・かもしれない。


私自身の意見としては、他人の、そして動物を含めて他者の「意思ではない死」から得られたもので生きながらえたいとは思わない。私の大切な人だとしても私と近い考え方であることを望みたい。押しつけるものではない。だから彼が拒否するなら「どうしても生きてほしいから」とこの方法で生きる道を私は押しつけることはないだろう。


医療の進歩を批判する気なんて絶対にない。私自身が自分の細胞を移植したことによって生かされたのも医療の進歩があればこそだったのだから。


ただ、こういうことをスルーするとか是非にすぐ白黒つけることだけではきっとダメなんだと思う。今自分に関係なくてもいつかはきっとなんらかの進歩に「助けられる」時が来る。その時のために自分の生き方、死に方を考えておかなければいけないんだろうと思う。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

 携帯からもどうぞ

QR
sidetitleカレンダーsidetitle
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
sidetitle NEW ENTRYsidetitle
sidetitle いらっしゃいませsidetitle
sidetitle プロフィールsidetitle

kaduriye

Author:kaduriye
ようこそようこそ!

風花.netの日々logです。「stroll」は「そぞろ歩き」の意味でつけました。日々の雑多なできごとをポツポツと綴っております。旅行好きで写真を撮ること見ることが大好きです。

2009年のクリスマスに急性前骨髄球性白血病(M3)と診断され約半年の入院治療後、退院し自宅療養。
2010年年末に再発が確認され、再度約4ヵ月入院し再寛解に。自家移植のため地元を遠く離れて札幌の大学病院にて入院。
自家移植に成功し、2016年の7月に寛解を迎え血液内科を卒業しました。
2018年の年末、糖尿病と診断。必死のコントロールを始めます。

sidetitle カテゴリーsidetitle
sidetitle コメントsidetitle
コメントありがとうございます♪

openclose

sidetitlesidetitle
sidetitle Twitter...sidetitle

過去のつぶやきはついろぐ

Twitter Reload

sidetitle 月別アーカイブsidetitle
sidetitle 急性前骨髄球性白血病sidetitle
sidetitlesidetitle
sidetitle 再発からsidetitle
sidetitle sidetitle
sidetitle 自家移植からsidetitle
sidetitle 閲覧人数♪sidetitle
ただいまの閲覧者数は人です
sidetitlesidetitle
www.flickr.com
kaduriye's items Go to kaduriye's photostream
sidetitle リンクsidetitle
sidetitle ブログ内検索sidetitle
sidetitle RSSフィードsidetitle
sidetitle フリーエリアsidetitle
free counters
sidetitle FlipClipsidetitle