急性白血病になり、何度も輸血をして、
献血のありがたさを身をもって体感しました。
多くの方々のご協力をお願いいたします!

残念ながら現在コメントを承認制にさせていただいております。ご了承ください。
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキングに参加中↓ポチッとお願いしますヾ(*´∀`)ノ
ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン
2017.06.24

健康診断の結果。

今日はタイトルを「健康診断Shock」とでもした方が良いかも。

先月、自治体の健康診断を受けた。初めて。というのも、ここ数年白血病治療のせいもあり、病院でいろいろな検査を受けてきたらいいだろう、と思ってスルーしていたのだ。

届いた結果にうんざりしてしまった。ほとんどAだったけれど、肝臓の数値が…ひどい。ひどく高い。糖尿は出ていないけれど、「境界型」と判断されている内容。

実は肝臓の値はここ数年ずっと高かった。当然最高値は移植後。顔が黄色くなり医師がこれ以上の薬に耐えられるか心配していたくらい。退院してから「ずっと高いから一度内科で見てもらってきて」と言われてエコーやらなんやらやったら「・・・脂肪肝だね」と言われ(^^ゞ

なのに私はそれから3年くらい放置していたわけだ。何をいまさらショックとか言ってんだ。

でもいまものすごくショックを受けたのはある女性のことを考えたから。

その女性は子供の頃の注射器使い回しでC型肝炎に感染させられ、その後肝硬変となり、晩年には肝癌になってしまった。もちろん彼女は不可抗力。私の場合とは比較にならない。・・・そう、私は自業自得なのだ。もちろん抗がん剤治療のことがあるので「ただの肥満」に起因したものでは無いとはいえ、その後の経過観察と努力を怠ったがためにこんな数値になってしまった。情けなさすぎる。

日頃からスナック菓子も揚げ物も炭水化物も大好きな私が、脂肪肝にはなるべくしてなったようなものだ。

死にたくない。いや、いつかはその日は来るけど、まだ死にたくない。痩せないと死ぬ、そんな構図が衝撃的に私に突きつけられた。そんな一日だった。
関連記事

ランキングに参加中↓ポチッとお願いしますヾ(*´∀`)ノ
ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
TOTAL Pages
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。