FC2ブログ

ハケン。

ハケン生活に入って来月で1年になります。「こんな仕事の仕方もあったんだ」と思いつつも、今でもなんとなくその仕組みになじめない部分があったりします。

その一番基本を成すところが「割り切ること」。かなりな精神論。 (*´∀`)b゚ 時間を割り切る。仕事の領分を割り切る。社員との付き合い方を割り切る。

これが簡単そうで難しくて時にがんじがらめになったりします。

もともと16年近く地元の金融機関に勤めていた時は、パートさんと言われる方々とも一緒に働き仕事をお願いする立場にもいました。その時代のパートさんたちの多くが「わたしはパートなんだからそんなことまでできません」とか言われて、できるのにやらないという割り切りを正社員としては納得行かずに居たものでした。ものすごくやりづらいなぁと苛立つことすらも。

いまハケンの立場に立ってみると、正社員だった頃のわたしが「できるからやりましょう」って言ってしまうんですよね。でも、長くハケンでやってきた同僚にとっては一人が一線を越えるとみんなが「言えばやってくれる」と思われてしまうと危惧する。だから恐らく私は安易に仕事を請けてはいけないんでしょうね。

ハケンとしての生き方を身につけないとダメなんだなぁ、と最近痛感しているところでした。でもそんな割り切りを言い聞かせる反面、せっかくココで働いているのだからいろんな仕事を覚えたいというジレンマ。ましてやお客さんにしてみたらパートさんだろうが正社員だろうが関係ないわけで。

やはり私のようなクソがつくくらいの真面目人間はハケンは向いてなかったりするのだろうかしら。働き方も多様化するといわれる時代に正社員雇用先が激減しているって、やっぱり北海道の経済は冷え切ったところから抜け出すことは出来ないのかしら(´ェ`*)ネー
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

 携帯からもどうぞ

QR
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitle NEW ENTRYsidetitle
sidetitle いらっしゃいませsidetitle
sidetitle プロフィールsidetitle

kaduriye

Author:kaduriye
ようこそようこそ!

風花.netの日々logです。「stroll」は「そぞろ歩き」の意味でつけました。日々の雑多なできごとをポツポツと綴っております。旅行好きで写真を撮ること見ることが大好きです。

2009年のクリスマスに急性前骨髄球性白血病(M3)と診断され約半年の入院治療後、退院し自宅療養。
2010年年末に再発が確認され、再度約4ヵ月入院し再寛解に。自家移植のため地元を遠く離れて札幌の大学病院にて入院。
自家移植に成功し、2016年の7月に寛解を迎え血液内科を卒業しました。
2018年の年末、糖尿病と診断。必死のコントロールを始めます。

sidetitle カテゴリーsidetitle
sidetitle コメントsidetitle
コメントありがとうございます♪

openclose

sidetitlesidetitle
sidetitle Twitter...sidetitle

過去のつぶやきはついろぐ

Twitter Reload

sidetitle 月別アーカイブsidetitle
sidetitle 急性前骨髄球性白血病sidetitle
sidetitlesidetitle
sidetitle 再発からsidetitle
sidetitle sidetitle
sidetitle 自家移植からsidetitle
sidetitle 閲覧人数♪sidetitle
ただいまの閲覧者数は人です
sidetitlesidetitle
www.flickr.com
kaduriye's items Go to kaduriye's photostream
sidetitle Instagramsidetitle
sidetitle リンクsidetitle
sidetitle ブログ内検索sidetitle
sidetitle RSSフィードsidetitle
sidetitle フリーエリアsidetitle
free counters
sidetitle FlipClipsidetitle