FC2ブログ

ちくわの紅生姜炒め。

これは料理のうちに入らないかもしれないけど
なかなか美味だったのでメモ。

100630_d002.jpg

ピーマンを炒め、ちくわを炒め、こしょうをかけ、紅生姜を入れて炒めつづけ、最後にオイスターソースをちょっと焼いてからめる。

以上。

紅生姜の塩分があるので塩は不要。

冷蔵庫にある材料でいろいろ変更できそう。
それだけ紅生姜がいい味出してるってこと。
ただ、焼いたら白くなるので、炒める最後の段階で入れるべし。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

うっ、ちくわ美味しそう。
日本食材店に行けば売ってるけど、
フツーのちくわごときに高いお金を出すのももったいなくてねぇ・・・・

フォントありがと。
でもね・・・うちアメリカPC使ってて、
日本のフリーソフトをダウンロードすると化けちゃってダメなんだった・・・
対処法も有るんだけど、それはちょっと難し過ぎて断念。
(ノД`)シクシク

きむらさんへ

→きむらさん
あー、そっか。そうだよね。紅生姜は?手に入る?
何にでも合いそうだよ。でね、酒の肴って感じになるね。

ところでフォント、そういうもんなんだ?知らなかったー。
ソフトじゃないけどそうなんだね?
けどさ、いろんなグラフィックスのWEBあるからさ、試してみたら?

 携帯からもどうぞ

QR
sidetitleカレンダーsidetitle
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
sidetitle NEW ENTRYsidetitle
sidetitle いらっしゃいませsidetitle
sidetitle プロフィールsidetitle

kaduriye

Author:kaduriye
ようこそようこそ!

風花.netの日々logです。「stroll」は「そぞろ歩き」の意味でつけました。日々の雑多なできごとをポツポツと綴っております。旅行好きで写真を撮ること見ることが大好きです。

2009年のクリスマスに急性前骨髄球性白血病(M3)と診断され約半年の入院治療後、退院し自宅療養。
2010年年末に再発が確認され、再度約4ヵ月入院し再寛解に。自家移植のため地元を遠く離れて札幌の大学病院にて入院。
自家移植に成功し、2016年の7月に寛解を迎え血液内科を卒業しました。
2018年の年末、糖尿病と診断。必死のコントロールを始めます。

sidetitle カテゴリーsidetitle
sidetitle コメントsidetitle
コメントありがとうございます♪

openclose

sidetitlesidetitle
sidetitle Twitter...sidetitle

過去のつぶやきはついろぐ

Twitter Reload

sidetitle 月別アーカイブsidetitle
sidetitle 急性前骨髄球性白血病sidetitle
sidetitlesidetitle
sidetitle 再発からsidetitle
sidetitle sidetitle
sidetitle 自家移植からsidetitle
sidetitle 閲覧人数♪sidetitle
ただいまの閲覧者数は人です
sidetitlesidetitle
www.flickr.com
kaduriye's items Go to kaduriye's photostream
sidetitle リンクsidetitle
sidetitle ブログ内検索sidetitle
sidetitle RSSフィードsidetitle
sidetitle フリーエリアsidetitle
free counters
sidetitle FlipClipsidetitle