FC2ブログ

旬彩酒房 海彦山彦/帯広市

昨夜は「海彦山彦」という居酒屋に行った。オープンしてしばらく経っていると思うけど、なにしろあまりしょっちゅうは飲みに出ないので久々の初めて行く店だ。

帯広駅北の西二条通りに面しているビルの地下にある。階段からすでに店の雰囲気が始まっている。全面角材で囲まれた道を降りていくとその入り口があり、入ると意外にも明るい光につつまれた店だった。予想よりも「明るい」と思ったのは蛍光灯のせいだろう。

大抵居酒屋って白熱色の明かり、それも間接照明でほの暗いでしょう?ちょっと照れる明るさだったなぁ。でも店の肩書きは「大人の隠れ家」というコンセプトだとか。ちょっとそういう点では印象と違うかも。

061221_d001.jpg

食べ物はけっこう美味しかった。バリバリサラダ、だったかな?揚げ麺が入ってたグリーンサラダも爽やかだったし、ジュージュー焼きだったか(全部名前忘れてやんの)「海彦」という名の鉄板焼きもガーリックバターの味で美味しかった。飲み物もあまり高く無いし、店員さんも感じいいし、だいたい予算3000円あればいいような。また行ってもいいかも、と思える店でしたわ。
旬彩酒房 海彦山彦
住所 帯広市西2条南9丁目14-1 二条ビル地下
電話番号 0155-21-5511
営業時間 17:30~翌1:00(L.O.24:00)
定休日 月曜日

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

 携帯からもどうぞ

QR
sidetitleカレンダーsidetitle
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
sidetitle NEW ENTRYsidetitle
sidetitle いらっしゃいませsidetitle
sidetitle プロフィールsidetitle

kaduriye

Author:kaduriye
ようこそようこそ!

風花.netの日々logです。「stroll」は「そぞろ歩き」の意味でつけました。日々の雑多なできごとをポツポツと綴っております。旅行好きで写真を撮ること見ることが大好きです。

2009年のクリスマスに急性前骨髄球性白血病(M3)と診断され約半年の入院治療後、退院し自宅療養。
2010年年末に再発が確認され、再度約4ヵ月入院し再寛解に。自家移植のため地元を遠く離れて札幌の大学病院にて入院。
自家移植に成功し、2016年の7月に寛解を迎え血液内科を卒業しました。
2018年の年末、糖尿病と診断。必死のコントロールを始めます。

sidetitle カテゴリーsidetitle
sidetitle コメントsidetitle
コメントありがとうございます♪

openclose

sidetitlesidetitle
sidetitle Twitter...sidetitle

過去のつぶやきはついろぐ

Twitter Reload

sidetitle 月別アーカイブsidetitle
sidetitle 急性前骨髄球性白血病sidetitle
sidetitlesidetitle
sidetitle 再発からsidetitle
sidetitle sidetitle
sidetitle 自家移植からsidetitle
sidetitle 閲覧人数♪sidetitle
ただいまの閲覧者数は人です
sidetitlesidetitle
www.flickr.com
kaduriye's items Go to kaduriye's photostream
sidetitle リンクsidetitle
sidetitle ブログ内検索sidetitle
sidetitle RSSフィードsidetitle
sidetitle フリーエリアsidetitle
free counters
sidetitle FlipClipsidetitle