FC2ブログ

まんも。

マンモグラフィの検査を受けた。助成金で受けるバスの健康診断タイプ。
初めてのマンモ。でっかい胸の友達が「ぺったんこにされた」と言っていたのを思い出し、恐怖すら感じながらの受診となった。うそでしょー、あの胸がぺったんこってどんだけ潰されるわけ??と。

すごい話を聞いてから行くと大したもんじゃなかった。それほどピラピラまでは潰されなかった。でもまぁ、それなりに痛かったけど。結果はシロ。異常ナシだった。ほっとした。

ピンクリボンの活動とか、乳がんで亡くなった方のドキュメンタリーとかいろいろ知ってはいたけれど、いざ自分のことになると見つかったらイヤだから検査をしたくない、なんて私はアホだった。見つけるために検査をするのにね。

そして幸い年度末に41歳になる私は助成金のおかげでタダで受診できた。
ありがたいことである。

ところで、異常がなかったことは良かったとして。
ちょっと気分の良くないことがあった。健康診断のバスは札幌から来ているスタッフと車らしいんだけど。女性スタッフが技師だったのでそれも良かったんだけど。

私の検査をした技師が「ハイ、終わりました。服を着て出てくださいね」と私より先に個室を出た。その方向を服を着ながら何気なく見たときに、その技師の笑った顔が見えた。苦笑、といった風だった。おそらく外の女性スタッフに向けられたものだろう。

実は私の検査、結構手間取った。いや初めてだから普通かかる時間はわからないけれど、技師の彼女はセッティングに時間がかかった。私の胸が(自慢じゃないが)デカかったからか?なぜ笑った?それも苦笑?

思い込みかもしれないが・・・。だけど、初めてのマンモ受診で緊張しているし、人前で上半身素っ裸ってのもあるし、太ってるし胸でっかいし・・・って嫌なことっていうか、コンプレックスだらけで受診しているというのに、そういう苦笑みたいのをされたら気分のいいものではない。なかなかセッティングができなくて苦労したさ~ってスタッフ同士の報告なら私がいなくなってからすればいい。

たいしたことではないけれど、今、乳がん撲滅、みたいなマンモ普及を活動している中でさぁ、ただでさえ「イヤだなぁ」と思っているのに、そう感じないような気遣いって必要なんじゃないのかなぁ?彼女たちはいつものルーティンワークかもしれないけれど、受診する人の気持ちになりなさいよ、と私は思うわけで。事務的に淡々とやってほしいわけで。

今度は病院で受けようっと、なんて思ってしまうわけで。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

私も会社辞める前の健康診断で初まんもしたよ。
私は病院だったのでそういう嫌な扱いは受けずに済んだけど、
やはりバスみたいに小さい場所ならそういう気遣いは
もっとするべきだと思うよ。
そんな人の気持ちを考えられないような人が
病院関係者っていうのは嘆かわしい。。。

Re: タイトルなし

→Junちゃん
だよね。ダラダラやってんじゃねーよ、と言いたい。言えない・・・ムー。
ハハは苦情を言えっていうんだけど、こんなところ(ブログ)でしかいいません。フフ

 携帯からもどうぞ

QR
sidetitleカレンダーsidetitle
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
sidetitle NEW ENTRYsidetitle
sidetitle いらっしゃいませsidetitle
sidetitle プロフィールsidetitle

kaduriye

Author:kaduriye
ようこそようこそ!

風花.netの日々logです。「stroll」は「そぞろ歩き」の意味でつけました。日々の雑多なできごとをポツポツと綴っております。旅行好きで写真を撮ること見ることが大好きです。

2009年のクリスマスに急性前骨髄球性白血病(M3)と診断され約半年の入院治療後、退院し自宅療養。
2010年年末に再発が確認され、再度約4ヵ月入院し再寛解に。自家移植のため地元を遠く離れて札幌の大学病院にて入院。
自家移植に成功し、2016年の7月に寛解を迎え血液内科を卒業しました。
2018年の年末、糖尿病と診断。必死のコントロールを始めます。

sidetitle カテゴリーsidetitle
sidetitle コメントsidetitle
コメントありがとうございます♪

openclose

sidetitlesidetitle
sidetitle Twitter...sidetitle

過去のつぶやきはついろぐ

Twitter Reload

sidetitle 月別アーカイブsidetitle
sidetitle 急性前骨髄球性白血病sidetitle
sidetitlesidetitle
sidetitle 再発からsidetitle
sidetitle sidetitle
sidetitle 自家移植からsidetitle
sidetitle 閲覧人数♪sidetitle
ただいまの閲覧者数は人です
sidetitlesidetitle
www.flickr.com
kaduriye's items Go to kaduriye's photostream
sidetitle リンクsidetitle
sidetitle ブログ内検索sidetitle
sidetitle RSSフィードsidetitle
sidetitle フリーエリアsidetitle
free counters
sidetitle FlipClipsidetitle