fc2ブログ

すり合わせる。

意見が違う人と話すとき、みんなはどうしているのかなぁ。

ひとつのテーマを話しているときにどうも相手とかみ合わないことってあるよね。私の場合しばらく話すけどそのあとは少し逃げ出す傾向がある。「ん・・・なんか変だぞ?この人は私と違う意見を持っているぞ。」と思ったら話していても疲れてしまう。それって自分の意見を通そうとする二人がいるからだわ、と思って相手の話を聞いて「ふーん、そうなんだ?わかったよ。それはわかったわ」と話をどうにかして止める方向に誘導しようとする。

それは磁石でいうならN極が向き合っているうちは反発しあうだけだから自分をS極にして穏便に済ませられないかしらというわけではなく、私の場合自分から磁力を消してしまうのだ。ただの石になる。そしたら反発することもくっつくこともない。その場から逃れられるわけだ。

時々話していても何も生まないなと思う話を続ける人がいる。私の意見を聞くわけでも受け入れるわけでも正当に批判するわけでもない、ただ自分の意見を押し付けてくる。それをたとえば相手に「それはここがおかしいだろう」と指摘されると、ただ不機嫌になったり、相手をやり込めようとまくし立てたり。 それっていかがなものなのかとココのところ心を痛めることが多くて嫌になる。

相手のことも認めることが大切なんじゃないかと思うわけだ。自分と同じ考え方をする人ばかりならその人は楽で幸せかもしれないけど、そんなわけなはいかないのだから。相手の生き方も考え方も認めたうえで自分の意見を話したらいいのだ。もし自分の意見が通らないとしたら相手が我を通したと思うだけじゃなくて自分に非があったり偏っていたりしていないかを一回冷静になって考えるべきじゃないのかな。

私がただの石になることは良い方法ではないとは思う。投げ出すわけだから。本当なら相手と会話をしていくうちに違う意見が融合してもっといい結果を得られるような会話ができるのが一番なのだ。すり合わせることも大切なわけだし。それをやりとおせない私もちっちゃい人間なワケで。

ところがそんな疲れる会話しかできない人もいれば、最近まったく違うタイプの人と会話をした。その友達との会話はものすごく楽だった。会話のキャッチボールとはこんなことかしら、と思った。彼女も考えを話をして私が聞いて、私の言葉も彼女が聞いてっていう、ね。

日本人は議論が苦手、なんていうけれど日常会話くらいフツーにしたい。なんて切に切に願う日々だったりする。
今一番ほしいものを聞かれたら迷わず「安寧」と答えそうな私。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定