fc2ブログ

歴史。

預けておいた靴を取りに。
さすがプロ。きれいにしてくれた。

190524_d001.jpg

この靴は紫というかボルドーというか微妙な色で気に入って履いてたんだけど手入れがどうにも行き届いてなかったのだ。いつも頼りにしている帯広市内の靴店。靴店といっても販売ではなくてリペアのプロ。
磨き方を伝授していただいたらさすがに詳しくいろいろと教えてくださる。全部聞いてたのしくなってはきてたんだけど、心のどこかで「たまにだからまた頼んじゃおうかな」とか思ってたりして。

まぁ、全部教えてもらってそれは失礼な話なので道具を一通り購入した。自分で頑張ってみようと思う♪


その帰り道、帯広厚生病院が取り壊されているのが見えた。

190524_d002.jpg

これも歴史。だけど虚しいもんだね。
コンクリートの耐用年数は60年と言われているけれど、ヨーロッパの石建築は何百年と残っていて、不便と隣り合わせながらメンテナンスをして使い続けているものが多い。

産業廃棄物を生むだけに見えるコンクリート建築はこんな時心が苦しくなる。私の建物じゃないけども。この残骸をどこまで再生利用できるんだろう。
いつか携わった方に会えた時にはぜひ聞いてみたいものだなぁ。

190524_d003.jpg