FC2ブログ

病と視力。

先日眼科の定期検査で、視力がまたまた変わっていることを知る。


というのも、12月の糖尿病と診断された頃、その日までかけていた眼鏡が全然合わなくなった。近眼に関してはかえってかけない方が楽で、不思議に思いいつも行くメガネ店へ。


視力検査の結果、近眼が「良くなって」いて、言いたくはないけど老眼が「悪くなって」いた。近眼は裸眼でもいけそうなほどで、0.4とかだったのが0.8くらいまで見えている。当然のようにその時メガネのレンズを買って取り替えた。


ところがここ最近、あれからの一か月でまたメガネが合わなくなってきて、眼科の視力検査でまた近眼が悪くなっていると言われる。看護師さんに聞くと、糖尿病の人はそういう「変動する」ということもあるという。


今日になりその処方箋をもってまたメガネ店へいって相談してみた。やはりその店員さんも「そういうこともありうる」と言う。また変わる可能性もありながら合わない眼鏡はつらいので、またレンズを付け替えてもらうことに。(なんとか補償で半額でやってもらった)


老眼が悪くなるのは嫌だけど、近眼が良くなったのは嬉しかったのに残念(笑)でも病によってはそんな変動することってあるんだねー。不思議。


ともあれ、もとに戻ってきたということはやはり昨年末の糖尿病と診断された頃は本当にギリギリの最終ラインの悪化だったんだと思う。A1cの数値も良くなってきて視力が回復したのであれば、やはり何が何でも減量を成功させて糖尿病コントロールを続けなくてはならないってことか、と力が入った今日でした。

 携帯からもどうぞ

QR
sidetitleタグsidetitle

家づくり めまい ランチ 陶芸  

sidetitle プロフィールsidetitle

kaduriye

Author:kaduriye
ようこそようこそ!

風花.netの日々logです。「stroll」は「そぞろ歩き」の意味でつけました。日々の雑多なできごとをポツポツと綴っております。旅行好きで写真を撮ること見ることが大好きです。

2009年のクリスマスに急性前骨髄球性白血病(M3)と診断され約半年の入院治療後、退院し自宅療養。
2010年年末に再発が確認され、再度約4ヵ月入院し再寛解に。自家移植のため地元を遠く離れて札幌の大学病院にて入院。
自家移植に成功し、2016年の7月に寛解を迎え血液内科を卒業しました。
2018年の年末、糖尿病と診断。必死のコントロールを始めます。

sidetitle Instagramsidetitle
sidetitle NEW ENTRYsidetitle
sidetitle いらっしゃいませsidetitle
sidetitle コメントThanks!sidetitle
コメントありがとうございます♪

openclose

sidetitlesidetitle
sidetitle カテゴリーsidetitle
sidetitle Twitter...sidetitle

過去のつぶやきはついろぐ

Twitter Reload

sidetitle 月別アーカイブsidetitle
sidetitle 急性前骨髄球性白血病sidetitle
sidetitlesidetitle
sidetitle 再発からsidetitle
sidetitle sidetitle
sidetitle 自家移植からsidetitle
sidetitle 閲覧人数♪sidetitle
ただいまの閲覧者数は人です
sidetitlesidetitle
www.flickr.com
kaduriye's items Go to kaduriye's photostream
sidetitle リンクsidetitle
sidetitle ブログ内検索sidetitle
sidetitle RSSフィードsidetitle
sidetitle フリーエリアsidetitle
free counters
sidetitle FlipClipsidetitle