fc2ブログ

大腸ポリープをとった。

6時に下剤を飲み始める。

141202_d001.jpg

半分くらい飲んでから溶け切っていなかったことに気づいた。看護師さんに苦情を言ったがらちが明かない。そのまま飲み続けてと言われる。何口か我慢したけど、ニフレックは激マズ。しょっぱいような味が最悪で飲めない。だんだんイライラしてきた。自分で作って自宅で飲んだ時の方がちゃんと正しく作ったもんだ。病院なのに何やってんだ。イライライライラ・・・。

耐え切れずまた看護師さんに言うとようやく作り直してきた。腹立つわぁ。患者がどんだけ嫌な思いで飲んでるかわかれっつーの、と思った。

9時過ぎに呼ばれた。なんだか時間がかかっている。何かに苦労していると思ったら、肛門からとったポリープが出てこなかったらしい。医師が「ごめんねー」とか言って・・・もうげっそりだよー。
大きくなってましたかと聞くと「若干ね。このくらいだよ」と見せてくれた。若干大きくなったというそのポリープは2cmにはなってなかったけど、なかなか大きくなっていた。1センチチョイ。もやもやした。若干って・・・。こんなに大きくなってんじゃん・・・。

終わってもしばらくはグズグズしたお腹。部屋に戻ったら点滴が始まった。夜寝る前まで続く。1.5リットル。右腕がむくむ。
なんとか10時くらいには就寝。

あーぁ、精密検査の結果が心配だなぁ。なんでもないといいんだけど。

白血病の自家移植のために全身をチェックしてこのポリープを見つけた。知りたくなかった。でも、こうやって大きくなってるわけだし、2センチを過ぎたら良性の物でも悪いものに変わることがあるというし、考え方を変えれば「やって良かった」と言えるのかもしれないね。

看護師さんも「大抵は健康診断などで再検になって気づく人が多いですよ」「チェックできて良かったんじゃないかな」と言ってた。そう思うか~しゃーないもんなー。