FC2ブログ

骨髄穿刺。

今日は忙しかったよー。

午前中に心電図を計測しにきて点滴が始まり、
昼食を食べて1:40から骨髄穿刺。
いやー、これがてこずった。
私の腰についた脂肪が原因なのかしらぁー。(´Д` )

研修医くんがかなーりいい線まで射していたんだけど
骨髄液は上がって来ず、主治医にちょっと交替。
ぐいぐいつと押し込んでようやく上がってきた。

やってもらっている患者も、ものすごい力が入ってしまった。
終わったときには汗だくのフーフーだったよ。

その後レントゲンのホータブルがきて胸の写真を撮った。
心臓にも肺にも水は溜まってないとのこと。順調。

ところで、前回の入院時の寛解導入時には毎回書いていた採血の結果を、今回は全然書いてないんだけどさ。実はほとんど変化が無いのだ。

今回こそ白血球の値が2900とすこし減った。でも前回は治療が始まっているにも関わらず増えたりしていたのだ。トリセノックスの特徴なんだろうね。前回みたいに良いものも悪いものも白血球はすべて叩くという治療とは全く違うわけで。

今日主治医も言っていた。
「血液の結果も全く問題ないからなぁ。ちょっと大事に扱いすぎたかなぁ。これなら大部屋でも治療できたもんなぁ。」

といっても、このままここで続けるんだけども。

今回のマルクで摂った骨髄液をPCR検査に出して、がん細胞が見つからなかったら一時中止して休薬期間を設けるらしい。その期間は約2週間。その間は入院費の節約も兼ねて一時退院して、次の治療時に再入院するということも考えられるらしい。

うひー、ウチに帰りたーい!

って、がん細胞が見つかったら泡と消えるんだけどもサ。(´д`)