fc2ブログ

24時間心電図を装着。

なんかここんところ「健康の話」ばかりでちょっと情けない。
季節の変わり目で風邪を引きやすい、みたいなカワイイことではないのが恥ずかしい。実は"あの"心臓がドキドキするのが続いているので診てもらいに病院にいってきたの。

"あの"と言うのも、このブログをずぅっと読んでくださる方は知ってるだろうけど・・・時々なることなのよ。数年前には循環器科で頻脈の治療薬(?)を飲んでならなくなっていたけれど、最近・・・とくにこの一ヶ月でひどい。

血液内科の医師は貧血からくるものではないか、と言っていたけれどこうも貧血が治ってきたのになるっておかしくないか?と思い始めたのよ。狭心症とか心筋梗塞とか憂いを残さないためにも病院に行く決心をしたのさ。旅行を前に安心材料も欲しかったし。

でも、結局心電図に異常はなかった。心配した狭心症も大丈夫でしょうとのこと。レントゲンで心肥大はあったけど、これはもうずーっと言われていることだし。で、心電図ってその場の数十秒のことなので24時間心電図を着けることになったの。

これがソレ。

100928_d001.jpg

昔やったときのはもっと大きかったと技師さんに話すと、昔はカセットタイプだったけど今はメモリーが小さくなっているので軽いんだと教えてくれた。これもまだ大きいほうらしい。最近のではもっと小さいんだとか。

いやー、これをつけてるのは軽くて大丈夫なんだけど、メモがめんどくさいよなぁ。階段を上りました、トイレに行きました、歩きました、みたいなのを全部メモしなくちゃならないんだ。

明日外しに行って、来月結果とともに超音波のエコー検査をすることになった。なんでもなきゃいいけど、逆になんでもなかったらこの動悸や胸の苦しさは何が原因なのかわかんなくなるしなぁ。

ま、ひとつだけ思い当たることがある。それはこの1ヶ月というと・・・体重がリバウンドしてきたころからなんだよね。抗がん剤治療で20キロちかく減ったものが、実は(誰にも言ってないんだけどこんなところで公表)9キロくらいリバウンドしてしまった。近々の1ヶ月では約6キロは増えてしまった。

プールに行ってるって大きな声で言っても、その分おなかがすいて食べたい病にかかってしまった。完全なるリバウンドだよ。まずいまずいと毎日日記に書き込んでいるけど、だからといって止まらない。そう、愚かな人間なのだ。

みんなの「バカじゃないの?」って声が聞こえそうだよー。
耳ふさいじゃおうかなー。


ところで今日、国民年金にプラスして国民年金基金に入りませんか?って厚生労働省からのお便りが来た。これは自営業やフリーで働く人が入れるものなんだけど・・・。

サラリーマンの時は有無を言わせず厚生年金基金も上乗せして払っていたけれど、こんなガタガタの身体じゃ年金もらうまで長生きできるかどうだかなぁ・・・というのが本音。

私が死んでも遺族年金を受け取る家族もいなくて、掛け捨てになるくらいなら年金だけでいいやとも思えるけれど、もし生きていたら基金の分もプラスされたらそれはそれでいいよなぁ・・・。

悩む・・・悩むなー。