FC2ブログ

初冬の旭山-1-

11月23日に訪れた旭山動物園を数回シリーズで。

帯広はまだカラカラだったのに、旭川は根雪になっていたようだ。それでも足元は凍っていなかったのでフツーにスニーカーで歩くことが出来た。私たちが車を止めたのは正門側。すぐ目の前のも開いていたらしいのに、気がはやってしまってもうひとつ離れたところに。(この図の①無料駐車場)晴れていれば何の苦も無いけど雨がぱらついていたので3分くらいでも寒い。

091123_d007.jpg

チケット売り場でマップをもらって中に入る。大人は800円。

091123_d008.jpg

昔冬の真っ只中にいった頃よりは雪も少なくて広く感じる。
でも実際歩いて回るとれほどだだっ広くもなくコンパクトだった。

091123_d009.jpg

今日のもぐもぐタイムをチェックしてから進むといいとネットで見ていた。
でも今日の寒さはそんなどころではない。とにかく見られるところから!みたいな。

初冬の旭山-2-

あざらし館へ。言わずと知れたパイプをくぐるアザラシの行動展示。

091123_d010.jpg

すぐにパイプは見えたんだけどなかなか通ることはなく、横の水槽を優雅にすいすい泳いでいる。夏なら混雑のあまり「滞留する」ことが許されないらしいので、見ることが出来ないのかしらと思っていた。でもやっぱりそこは冬期開園。ちょっと滞留してもちょっと戻っても大丈夫みたいなのでじっくり見ることが出来た。

091123_d011.jpg

パイプの上に漂う。
降りる気配も無いのかとうっかりしていたら降りてきた。

091123_d012.jpg

急いで撮ったのに間に合わなかった・・・。

外に出て表のプールを見るとこんな感じだった。

091123_d013.jpg

もったいぶって降りないかのような漂い方。
頃合いを見計らって降りている?
みんながあきらめてケータイやデジカメを下ろすときを?



アザラシ館にはこんな水中生物も。
たいてい水槽は青くて、ほんのり光るくらげがたゆたう感じ。くらげの水槽って好き。

091123_d014.jpg

もやもや。

私の心の中にあるもやもやはいったい何なのだろう。鬱々と漂ういやな空気がなんなのか考えた。本当は考えたくないのに頭が勝手に考えて答えを探ろうとしてしまう。

職場のこと。今の私の多くの時間を過ごす場所。もしこれを職場の人間が読むことがあったら、と思うと手も止まりそうだ。でも今回のこの状態に大きく関わっている事実。

嫌なことはいっぱいある。ふざけるな、と叫びたい人も時にはいる。挙げればきりがないけどそれらは健康で正常なときなら流すことも出来た。友達に愚痴を言えば済むときもあった。だけど身体が健康じゃなかった。忙しさに疲れきっていた。

明日は普通に月曜日がやってくる。出勤しなくてはならない。こんな精神状態で何か出来る気がしない。気を紛らそうとテレビをつけてみた。いつもなら笑って気分転換できるバラエティー。でも笑えない。面白くない。

いい人なんかじゃない。私はいい人なんかじゃないんだ。
なんでも「いいよ」とか「はい」とか言いたくないんだ。






疲れたんだ。

初冬の旭山-3-

11/23のしろくま館。

私の印象に残ったのはなんだかとても切ないシロクマの姿。

同じところを繰り返し歩く。何度も何度も。1.2.3・・・1.2.3・・・。

091123_d015.jpg

091123_d016.jpg

そして3ではかならず雄叫びのポーズ。叫んでいるかはわからないけど。
たぶんいつまで居ても同じ写真を撮ることが出来ただろう。

091123_d017.jpg

旭山動物園が動物の本能にうったえる行動展示で良い動物園なのは周知の事実。
それでもやはり動物園。この切なさはしょーもないことなのかな。

091123_d018.jpg

裏側もシロクマ。

寒さに強いだろうから寒いってことはないだろうけど。

091123_d019.jpg

まるでこう言ってるように見えたんだもの。ドアのすぐそばで。

 携帯からもどうぞ

QR
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitle NEW ENTRYsidetitle
sidetitle いらっしゃいませsidetitle
sidetitle プロフィールsidetitle

kaduriye

Author:kaduriye
ようこそようこそ!

風花.netの日々logです。「stroll」は「そぞろ歩き」の意味でつけました。日々の雑多なできごとをポツポツと綴っております。旅行好きで写真を撮ること見ることが大好きです。

2009年のクリスマスに急性前骨髄球性白血病(M3)と診断され約半年の入院治療後、退院し自宅療養。
2010年年末に再発が確認され、再度約4ヵ月入院し再寛解に。自家移植のため地元を遠く離れて札幌の大学病院にて入院。
自家移植に成功し、2016年の7月に寛解を迎え血液内科を卒業しました。
2018年の年末、糖尿病と診断。必死のコントロールを始めます。

sidetitle カテゴリーsidetitle
sidetitle コメントsidetitle
コメントありがとうございます♪

openclose

sidetitlesidetitle
sidetitle Twitter...sidetitle

過去のつぶやきはついろぐ

Twitter Reload

sidetitle 月別アーカイブsidetitle
sidetitle 急性前骨髄球性白血病sidetitle
sidetitlesidetitle
sidetitle 再発からsidetitle
sidetitle sidetitle
sidetitle 自家移植からsidetitle
sidetitle 閲覧人数♪sidetitle
ただいまの閲覧者数は人です
sidetitlesidetitle
www.flickr.com
kaduriye's items Go to kaduriye's photostream
sidetitle Instagramsidetitle
sidetitle リンクsidetitle
sidetitle ブログ内検索sidetitle
sidetitle RSSフィードsidetitle
sidetitle フリーエリアsidetitle
free counters
sidetitle FlipClipsidetitle