FC2ブログ

棚に上げる。

新しい人と会うととても疲れるらしい。今日の私はへとへとだった。

自分と相手の関係がゼロの場合、行動が読めないし話も模索しながらのものになるからかもしれない。そして、自分にとって相手がどんな存在に成り得るかわからないわけで。

先輩に紹介してもらった人に会った。猫をかぶると疲れるので、珍しくスカートを着た以外はほぼ「わたし自身」だったと思う。

061203_d002.jpg

もともとあんまり気乗りがしなくて(それはなんとも相手に失礼な話であーる)同時に緊張もしなかったので素の私だったかもしれない。

自分のことを棚にあげるなら、相手に望むことは数限りない。
だけど、女も30代後半ともなれば、星の数に例えられるあまたの男性ももはや肉眼では確認できず、高性能な望遠鏡を必要としているのだから望むことはせいぜい片手におさめなくてはいけないんだろう、と言い聞かせるのさ。

061203_d003.jpg

だとしても、車酔いのしやすい人間には運転が滑らかな人がいい。
気管支喘息の持ち主としては喫煙しない人がいい。
ああ、すでに指の残りはあと3本。_| ̄|○ ガクッ

もう細かく3本はどうでもいい。

ただ「この人は絶対ココは曲げないだろうな」と思う部分が自分とは近寄りそうも無いと思ったらやっぱり無理なんじゃないのかなぁ…。容姿や服装は変えることができてもその「ココ」はやはり近いほうがいい。

すでに結婚している友達は言う。「妥協も必要だ」「そのうち慣れる」「そんなこと言ってたらいつまで経っても…(割愛)」わかってる。わかってるけどさー。

いつか王子様が、なんて思っちゃいないけど、そのうち私が「m9(・∀・) ドーン!」と来る人があらわれるのをジタバタせずに待つしかないのかなぁ…。

お会いした後、先輩と話をするために待ち合わせた日曜日のモス・バーガーは家族連れでいっぱい。ひとり座った私はたぶんそのオクサマ達に「あなたはその人にm9(・∀・) ドーン!だったのね?」ビームを放射しまくっていたに違いない。

 携帯からもどうぞ

QR
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
sidetitle NEW ENTRYsidetitle
sidetitle いらっしゃいませsidetitle
sidetitle プロフィールsidetitle

kaduriye

Author:kaduriye
ようこそようこそ!

風花.netの日々logです。「stroll」は「そぞろ歩き」の意味でつけました。日々の雑多なできごとをポツポツと綴っております。旅行好きで写真を撮ること見ることが大好きです。

2009年のクリスマスに急性前骨髄球性白血病(M3)と診断され約半年の入院治療後、退院し自宅療養。
2010年年末に再発が確認され、再度約4ヵ月入院し再寛解に。自家移植のため地元を遠く離れて札幌の大学病院にて入院。
自家移植に成功し、2016年の7月に寛解を迎え血液内科を卒業しました。
2018年の年末、糖尿病と診断。必死のコントロールを始めます。

sidetitle カテゴリーsidetitle
sidetitle コメントsidetitle
コメントありがとうございます♪

openclose

sidetitlesidetitle
sidetitle Twitter...sidetitle

過去のつぶやきはついろぐ

Twitter Reload

sidetitle 月別アーカイブsidetitle
sidetitle 急性前骨髄球性白血病sidetitle
sidetitlesidetitle
sidetitle 再発からsidetitle
sidetitle sidetitle
sidetitle 自家移植からsidetitle
sidetitle 閲覧人数♪sidetitle
ただいまの閲覧者数は人です
sidetitlesidetitle
www.flickr.com
kaduriye's items Go to kaduriye's photostream
sidetitle リンクsidetitle
sidetitle ブログ内検索sidetitle
sidetitle RSSフィードsidetitle
sidetitle フリーエリアsidetitle
free counters
sidetitle FlipClipsidetitle